テカリ肌やニキビ、吹き出物などメンズ肌には様々なトラブルが出ます。
メンズスキンケアの基本は洗顔です、男性こそ洗顔を侮ってはいけませんよ。

当然、どのメンズ洗顔料を選ぶのかも大切。
↓こんな選び方していませんか?

  • リーズナブルだから×
  • パッケージがカッコいい×
  • 有名人が宣伝していた×

上記の理由で決めないで、配合成分で優れているメンズ洗顔料を選びませんか?

年齢層や肌体質にあった優れたメンズ洗顔料をランキング形式で集めました、当サイトでぴったりのメンズ洗顔料をチョイスしてください。

失敗したくない!メンズ洗顔料の選び方のコツとは?


高校時代や20代はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸という肌の下から弾力やハリ、みずみずしさを支える物質がたくさん存在しています。

年齢と共にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生する線維芽細胞が衰えてきます。

メンズ洗顔料は年齢層に合った物を探すのが正解なのです。

20代 30代 40代
1位 バルクオム バルクオム ZIGEN
2位 BUSO ZIGEN 母の滴
3位 アレッポの石鹸 BUSO マージェンス

20代におすすめのメンズ洗顔料ランキング

  1. バルクオム(株式会社バルクオム)

    メンズ肌に必要な成分を贅沢に含んでいるメンズ洗顔料がバルクオム(bulk homme)です。発売以来、大人気のバルクオム(BULK HOMME)は美肌意識が高い大人の男子に愛用されてきました。
    メンズ肌の特徴である角質層内の水分バランスの悪さにしっかりとアプローチできるように、グリセリルグルコシドという保湿成分配合しています。ベントナイトとクレイミネラルズが汚れや余分な皮脂だけを優しく丁寧に吸着洗浄させつつも、しっとり感は残す上質なメンズ洗顔料です。

    check

    肌も健康で美しさを保つのに苦労しない20代の肌であっても、20代後半には表皮にある真皮層内のコラーゲンが減少していき、ハリや弾力が失われていきます。顔にシワや毛穴のたるみなど、肌にエイジングサインが出てしまうと簡単には元の若々しい肌には戻りません。
    20代前半の内から高品質なメンズ洗顔料でスキンケアをしたいという人にバルクオムはおすすめです。

    価格:初回500円~(税別)
    容量:100g

    商品詳細を見る

  2. BUSO(株式会社ウェルネス・アドバンス)

    BUSOはメンズ肌の特性を考慮して作られた洗顔石鹸がです。メンズ肌の半数以上が乾燥とオイリーが共存している混合肌(コンビネーションスキン)だといわれています、カサカサに乾燥した場所とベタベタの皮脂分泌量が多い部位の両方に効果的な成分を配合しています。
    また、BUSOの高濃度フルボ酸は不必要な老廃物や汚れのみ排出されやすくしてくれるので、ゴッソリ汚れは落ちるのに洗浄力が強すぎないのも魅力です。その上、ヒアルロン酸やコラーゲンペプチド、グリコシルトレハロースという優良な保湿成分もバッチリ配合しているので清涼感がありながらもつっぱらない使い心地を実現しています。

    check

    今までドラッグストアやスーパーの安いメンズ洗顔料を使って根こそぎ皮脂を落としてしまい、逆に肌がテカり気味になったり、肌の調子を悪くしていた人こそ、ぜひBUSOを使ってみて欲しいです。
    20代のスキンケアは30代以降の見た目年齢にモロに影響してきます。今現在、健康的できめ細やかな肌でも、20代から効果効能が期待できるメンズ洗顔料を選ぶべきです。

    価格:2808円(税込)
    容量:100g

    商品詳細を見る

  3. アレッポの石鹸(ノーマル)

    肌の衰えやトラブルの心配も無く、綺麗な肌を保てている場合、化学合成添加剤を未使用で天然由来成分がメインのアレッポの純石鹸で毎日のスキンケアは十分でしょう。
    また、洗い上がり後のツッパリ度合いによってオリーブオイルとローレルオイルの含有割合が違う3タイプの商品ラインナップが用意されていて、肌質やスキンタイプに合わせて使える意外に使い勝手の良いメンズ洗顔料です。

    check

    形状やデザインがシンプルなので機能性が低そうに見え敬遠している人もいますが、ナチュラルな使い心地が肌に合っているという20代の男性も多いです。市販で買えて値段も1,000円以下とお財布に優しいのでメンズ洗顔料に悩んだら、まず試してほしい洗顔料です。香水の様なドギツイ香料は使っていない点も使いやすいのですが、素材そのもののニオイが強いので好みは分かれる点は注意です。

    価格:630円(税前)
    容量:190g

    商品詳細を見る

  4. どろあわわ

    『どろあわわ』は優秀な洗浄機能を備えているベントナイト、マリンソルト、タナクラクレイ配合のメンズ洗顔料です。女の人がメインターゲットですが、20代の若い男性にこそ使ってほしいです。濃厚で密度の高い泡がオトコのしつこいアブラ汚れをしっかり除去できるメンズ洗顔料です。
    また、毛穴ケアもできるためニキビができやすい肌質の方でも使いやすいのも見逃せません。

    価格:初回1,490円(税別)
    容量:110g(30回分)

    商品詳細を見る

  5. ヴァーナル

    素肌美の為、いらない汚れは落とし、キメを整える事に着目して設計された石鹸でアンクソープとセンシティブザイフという2つの石鹸でのW洗顔を推奨しています。日々溜まっていく老廃物(アカ)を綺麗にお掃除するのに特化している点も20代の若い肌にイチオシ。ただし、ダブル洗顔は時間の足りないビジネスマンにとってはマイナスな面もあるので5位にしました。スキンケアに手間を割ける人には最適な20代向けメンズ洗顔料です。

    価格:初回980円(2個セット・税込)
    容量:30gずつ

参考⇒20代向けメンズ洗顔料を詳しく見る

30代におすすめのメンズ洗顔料ランキング

  1. バルクオム(株式会社バルクオム)

    バルクオム(BULK HOMME)は4か月腐らない奇跡のリンゴ『ウトビラー・スパトラウバー』から抽出した希少エキスを贅沢に使用し、素材と原料に徹底的にこだわった選んで間違いなしのメンズ洗顔料です。
    唯一のネックは多少値段が高い点ですが、成分表示を見ると納得です。
    クレイミネラルズやベントナイトなど、天然の洗浄成分にもこだわっているので低刺激で、製品によってかぶれや炎症を起こす方でも使いやすいのも利点です。贅沢な美容成分配合のメンズ洗顔料を探している美意識が高い男性におすすめです。

    check

    バルクオム(THE FACE WASH)は芸能人やモデル、美容師が密かに愛用するなど今話題のメンズ洗顔料です。加熱処理を行わずに製造された生石鹸は保湿成分が多量に含んでいるので洗い上がりはみずみずしくタマゴ肌が続きます。ワンランク上の大人のメンズ洗顔料を探している男性に好評な一品。定期便は初回特別価格で買えて回数の縛りもないのでお試し感覚で購入することもできます。全額返金保証もあります。メンズ洗顔料で迷ったらコレです!

    価格:初回500円~(税別)
    容量:100g

    商品詳細を見る

    参照⇒バルクオムの口コミと評価について

  2. ZIGEN(ZIGEN 株式会社)

    定価は高いですが、約2カ月使えるのでメンズ洗顔料としてコストパフォーマンスは充分。専用のオールインワンジェルを使えば化粧水、美容液、乳液、クリームの化粧品4役の役割を果たしてくれます。汚れを吸着してくれるマンナンスクラブでしっかりと洗浄しながら、三大美容成分(セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸)がメンズ洗顔料で重要な保湿ケアも担ってくれます。肌組織の主材たんぱく質の構成要素であるアミノ酸を使っているので肌が弱い人でも優しく丁寧に仕上がります。

    check

    ZIGENは同ブランドのオールインワンジェルと併用すれば、面倒くさがりな男性でも手軽に時短スキンケアができるのが一番の魅力。お風呂で洗顔してオールインワンジェルをすぐに塗るだけで乾燥しがちなメンズ肌に潤いを与えて水気を閉じ込めます。仕事や子育てなどの実生活で忙しい男性にもおすすめです。

    価格:5,660円(オールインワンジェル付き)
    洗顔料単品価格:2,200円
    容量:100g

    商品詳細を見る

    参照⇒ZIGENの口コミと実力とは?

  3. BUSO(株式会社ウェルネス・アドバンス)

    BUSOには植物が長年積み重なりできた堆積土から抽出した成分である高純度フルボ酸配合、微小な凹凸の汚れまで吸着してしっかり排出してくれます。保湿成分もコラーゲンペプチドやヒアルロン酸はもちろんグリコシルトレハロース、ドクダミエキス、ハチミツなど充実のモイスチャー成分も入っています。
    メンズ専用洗顔料なので毎日の髭剃りによるカミソリ負けやテカリ肌をケアできます。アゴ髭が濃い方にも理想的なメンズ洗顔料です。

    check

    皮脂を取り除くだけではなく、しっかりと保湿できるメンズ洗顔料です。BUSOは固形石鹸なので、化学合成した防腐剤や凝固剤、着色料、香料、起泡剤や発泡剤が無添加で敏感肌でも安全性が高く安心です。メンズ洗顔料としてトータルバランスの良い商品です。

    価格:2808円(税込)
    容量:100g

    商品詳細を見る

    参照⇒BUSOの口コミについて

  4. 母の滴シルバーウォッシュジェル

    若々しい皮膚は潤っていますが、年を重ねると皮膚内部の水分量が低下して肌が傷んでしまう事もあります。母の滴シルバーウォッシュにはモイスト成分として優秀なプラセンタがしっかりと配合されています。30代は肌の曲がり角と言われ、早めのモイストケアが将来の美肌や美顔に繋がります。肌年齢が気になり出した方にオススメのメンズ洗顔料です。

    価格:2,700円(税別)
    容量:150ml

  5. DOORS

    セイジやベルガモット、ローズなど自然でナチュラルなフルーティーフローラルで色気のあるフレグランスが特徴のメンズ洗顔料です。
    もちろん香りだけじゃなく美肌に重要な保湿、角質の柔軟効果など40代メンズに必要な成分もしっかり含まれています。デメリットとしては保存料としてパラベンが使われている点。芳醇な匂いにこだわってメンズ洗顔料を選びたい方にピッタリの洗顔料だと思います。

    価格:2,600円(税別)
    容量:160g

参考⇒30代向けメンズ洗顔料ランキングを詳しく見る

40代におすすめメンズ洗顔料ランキング

  1. ZIGEN

    ZIGENはセラミド3種に加え、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど40代の肌をいたわる豪華な潤い成分含有です。サッパリ洗いながらも突っ張らないので保湿が必要な40代の肌に驚きの実力を発揮するメンズ洗顔料です。細胞間脂質や天然保湿因子(NFM)といった保湿成分は30代手前程度から徐々に減少していきます。年を重ねるほどZIGENの様な高品質なメンズ洗顔料の良さを体感できるでしょう。ZIGENの洗浄成分コンニャクマンナンは汚れを吸着するので効率的に酸化した皮脂汚れや古くなった角質などの不要物を掻きだしてくれます。

    check

    毎日のシェービングは勿論、仕事やプライベートで多忙だと、ストレスによるホルモンバランスの乱れなどから肌荒れ等の美容トラブルに繋がってしまう事も。そのまま放って置くと、くすみやたるみ、シミ、シワなどのエイジングサインも出やすい肌になってしまいます。奇麗な肌をキープするには角質層に潤いを蓄積して柔らかくキメ細かい状態を作り出す必要があります。メンズ洗顔料ZIGENには保湿成分が沢山入っているため40代の男性におすすめです。

    価格:5,660円(オールインワンジェル付き)
    洗顔料単品価格:2,200円
    容量:100g

    商品詳細を見る

    参照⇒ZIGENの口コミと実力とは?

  2. 母の滴 シルバーウォッシュジェル

    プラセンタサプリを扱うメーカーが作った本格的メンズ洗顔料です。しかもアミノ酸の栄養素が高いことで知られるウマ由来のプラセンタが含まれているメンズ洗顔料です。シルバーウォッシュジェルに配合されたムコ多糖類が豊富であるサイタイ(臍帯)エキスを加えたリッチなスーパープラセンタは新陳代謝を促すスイッチの様な機能を備えています。皮膚細胞の生まれ変わりの活性化に加え、40代男性のコンプレックスである加齢臭(オヤジ臭)に対しても防臭と抗菌作用のあるシルバーナノコロイドを高配合。外観がオシャレなだけじゃなく40代男性に必要な成分がギュッと詰まっています。

    check

    プラセンタを選ぶときに大切なのが、どんな『動物から抽出したのか』と『胎盤からの抽出方法』です。なぜなら酵素分解法や凍結酵素抽出法など抽出方法により失われる栄養価が違ってきます。その点プラセンタサプリメーカーが作ったメンズ洗顔料なのでプラセンタのを品質はばっちりです。プラセンタを使ったメンズ洗顔料なら母の滴が圧倒的におすすめです。ボトルもお洒落なので自宅に置いた時にテンションが上がります。

    価格:2,700円(税別)
    容量:150ml

    商品詳細を見る

  3. マージェンス(POLA)

    マージェンスはポーラの美容技術を使って作られた泡タイプのメンズ洗顔料です。特徴は体臭に反応、結合して心地よい香りを出す機能性香料を使っている点です。その上、清浄成分として余分な皮脂を落とし皮脂の過剰分泌を抑制する「シーバムクリアオイル」配合、ギトつき対策などメンズ洗顔料としての役割を果たしながらもセクシーなメンズ香水の様な働きもするメンズ洗顔料です。気になる香りはマリンノートの匂いに柑橘系がプラスされた男性(メンズ)が身体につけてもイヤらしくならない爽快感のあるニオイです。爽やかな香りに特徴があるメンズ洗顔料なのでボディーソープやマルチコンディショニングジェル(ローション)と一緒にライン使いがベストです。

    check

    メンズ洗顔料も良い匂いだと毎日使うのが楽しくなりますよね。また、女性は臭いに敏感です。職場や周囲に女性がいる場合はメンズ臭やオジサン臭対策はエチケットで必須。マージェンスは女性の好みを考慮した香りをプラスしています。イイ香りで周囲の方のイメージをより好印象につなげましょう。

    価格:2,700円(税別)
    容量:180ml

    商品詳細を見る

  4. 然よかせっけん(株式会社 長寿乃里)

    まだまだ、皮脂も多くベッタリしがちな40代の男性肌、あぶら汚れをそのままにしておくとおじさん臭の原因になります。『然よかせっけん』には九州の火山地域(シラス台地の火山灰)から採掘され抽出された貴重なシリカが含まれています。主成分である粒子の細かいシリカパウダーが濃密でクリーミィーな泡を形成するため、外出や仕事中に付着し毛穴奥に入り込んでしまった皮脂汚れ、ホコリ、チリまで密着泡が包み込み洗い流してくれます。

  5. クワトロボタニコ ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー

    理想的なメンズ洗顔に必須であるオイルコントロールに焦点を絞った商品で原材料は自然由来、植物性が多いので合成化学成分が苦手な人でもとても使いやすいと評判で、オーガニック系が好みの男性に選ばれています。クワトロボタニコで毎日オイリーケア&メンテナンスすればテカテカしづらいカッコイイ肌を目指すことができます。保湿成分は少な目なので洗顔後の保湿ケアは忘れずにしましょう。

参考⇒40代向けメンズ洗顔料ランキングを詳しく見る

ニキビケアにおすすめのメンズ洗顔料

  1. NonA.(有限会社プライマリー)

    価格 4.5
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    2,940円(税込)
    容量:
    100g

    ノンエーはニキビケアに特化した薬用の洗顔専用石鹸です。消炎作用のある有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているのでニキビ予防の効果が期待できます。敏感なニキビ肌の人にも使いやすいように香料、着色料、エタノール、鉱物油を無添加にしています。

    Non.Aにはピーリング材として使われることも多く一定以上の含有量が劇物に指定されたグリコール酸は含みません。カリ含有石けん素地にもこだわっていて濃密な泡立ちと約4倍の弾力が魅力です。

    管理人のレビュー

    ニキビや吹き出物等のトラブルに悩んでいるなら、とりあえずノンエーを試してみようかなというぐらい有名な商品です。SNSでも好評な点をみても信頼性が高いアクネケア洗顔料だとわかります。プレゼントで付いてくるネットで泡立てればキメが細かい泡を作れます。

    商品詳細を見る

  2. 然よかせっけん(株式会社 長寿乃里)

    価格 4.5
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    定期1,841円(税込)
    容量:
    88g

    甘草由来のエキスがニキビを防ぎ健やかな肌環境をサポートしてくれます。一般の固形石鹸の99%が洗浄成分なのに対して然よかせっけんの場合は60%が美肌成分です。ニキビケアはもちろん、黒ずみ、透明感、整肌作用も期待できます。

    話題の天然ミネラル『シリカ』をミクロ加工とバルーン加工を用いて超微細シリカパウダーに仕上げています。シリカだからできる肌への低負担を堪能できます。

    管理人のレビュー

    天然由来成分をこだわりの製法で製造した医薬部外品ジャータイプの石鹸です。ニキビ対策成分もしっかりと配合されています。MEN’S(男性用)ではないので、潤い美肌成分がたっぷり配合されているのでニキビを抑制してスベスベの肌を目指せます。ニキビと保湿ケア両方を一緒にケアしたい人におすすめです。

    商品詳細を見る

  3. どろあわわ(健康コーポレーション)

    価格 4.0
    使用感 3.5
    効果 3.5
    価格:
    初回1,490円(税込)
    容量:
    110g

    沖縄産のミネラル分が豊富なマリンシルトと頑固な角栓などをしっかりと吸着する国産ベントナイトでしっかりと汚れを吸着してくれます。汗汚れ、余分な皮脂、古い角質といったニキビの原因をどろあわわで除去していきましょう。

    もちろん、メンズ洗顔料に必要なうるおいを与えてくれる成分もしっかりと配合されています。最近リニューアルされ麹菌を発酵して作られた米麹エキスや使う海泥などがパワーアップしています。ゴワついた肌でも柔軟性のある肌にほぐしてくれます。

    管理人のレビュー

    優しくしっかりと洗浄できる『泥』と角質層までしっかりと浸透してなめらかにする『豆乳発酵液』にこだわって作られた泥豆乳石鹸洗顔料です。頑固な汚れをしっかり落としたい人に人気の洗顔料です。

    商品詳細を見る

男性のニキビの原因と治し方!本当に効果がある対策!

肌タイプ別の洗顔料の選び方

メンズ肌のタイプは人それぞれ違います。

  • ギトギト脂性肌(オイリー肌)
  • ガサガサ乾燥肌
  • ピリピリ敏感肌
  • 複雑な混合肌
  • プックリニキビ肌

肌タイプは産まれつきはもちろん、歳や生活環境、食生活などによっても変化します。

メンズ洗顔料を選ぶときには、肌年齢・肌タイプ・肌の悩みにフォーカスしたメンズ洗顔料を選びましょう。

肌タイプ別のメンズ洗顔料選び

男性(メンズ)に多いのが皮脂トラブルです。メンズ洗顔料選びは、油っぽさや皮脂量を基準に選ぶのも大事です。

油でベタつき気味
酵素やクレイなどすっきりできる洗浄成分が使われているメンズ洗顔料を選ぶ
水分不足の乾燥気味
セラミドやコラーゲン、プラセンタなどの保湿成分がたっぷり入ってるメンズ洗顔料を選ぶ

ただし、脂性肌だからといって保湿が不要というわけではありません。

脂性肌も乾燥肌も基本は『洗浄+保湿』

実は肌内部(角質層)の水分保持量が減っていることで逆にテカテカのオイリー肌になっているケースもあるのです。

  1. 水分が蒸発して肌内部が乾燥

    保湿成分が不足して肌内部が乾燥状態に

  2. 肌のバリア機能が崩れる

    乾燥肌は肌のバリア機能を壊したり、ターンオーバーが乱れる

  3. 肌自身が水分の蒸発を抑制するために皮脂を分泌して蓋をする(インナードライ肌)

メンズ洗顔料で大切な要素は皮脂を落としすぎない適度な洗浄ができ、しっかりと保湿できるのが重要です。

日常生活で肌についた埃や汚れ、空気中のPM2.5、有害物質、排気ガス、花粉などの汚れを洗浄する界面活性剤はもちろん、しっかりと保湿成分が配合されている商品を選びましょう。

ただし、大人ニキビや吹き出物で悩んでいる人は、有効成分が配合された洗顔料を購入するようにしましょう。当サイトでは一般的なメンズ肌とニキビ肌用のおすすめ洗顔料を分けて紹介します。

正しい洗顔方法とは?

メンズスキンケアの基本は洗顔です。洗顔のし過ぎや間違った洗顔方法を続けると肌荒れや乾燥肌、脂性肌、シミ、シワ、くすみの原因になることもあるんです。美肌を目指すために正しい洗顔方法を身につけましょう。

洗う手は清潔に

手には汚れや皮脂と同時に雑菌が付着している場合があります。洗顔前にはハンドソープや石鹸でキレイに手を洗う癖をつけましょう。手に皮脂がついたまま洗顔料を擦っても泡立ちが弱くなってしまいます。手が冷えて冷たくなっている人は温かい水で洗い、手の温度を上げましょう。

手を洗ったらそのついでに予洗いをしてあげると肌にかかる負担を軽減できます。

洗顔ネットを使いクリーミーな泡を立てる

キメ細かく弾力があり、柔らかいマイルドな泡は、洗顔による肌の摩擦を軽減して、細かい泡が毛穴の奥に取り残された汚れまで掻きだしてくれます。

洗顔料でモッチリとした泡を作るためには泡立てネットよりも手で作る方がクオリティが高いものができますが、時間と手間がかかります。

時間がある時には手のひらで丁寧に洗顔料を泡立て、時間がないときには洗顔ネットを使うのが良いと思います。手に泡を乗せ逆さにしても落ちないぐらいを目指しましょう。

お湯の温度はぬるま湯

冷たい水は毛穴を引き締めてしまい汚れが落ちません。逆に温度が高いと刺激が強すぎるのでおすすめできません。

メンズ肌から多く分泌される皮脂は30℃以上で溶け出します。ただし熱いお湯は逆効果なので30度~35度ぐらいのぬるま湯で洗顔をするのがおすすめです。ちなみに顔表面の温度は平熱よりも低い32度ほどですのでお湯に触れた時に同じぐらいかちょっと温かく感じるぐらいがおすすめです。

Tゾーン→Uゾーンの流れで洗っていく

顔は部位によって皮脂の分泌具合が違ってきます。特に男性(メンズ)は混合肌の人が多く、皮脂分泌量が多いTゾーン(額、鼻ライン)から洗っていくことによって、他の部位の皮脂の取り過ぎを防ぎます。

Tゾーンの洗浄が終わったら、皮膚が薄い口元や目じりがあるUゾーン(目元、頬、顎にかけてのライン)を洗顔料を使い丁寧に洗っていきます。

終始優しく洗おう

洗顔は優しく洗うのが基本です。メンズ肌であってもゴシゴシちから強く洗うのはNGです。泡だけが肌に触れるように力を入れずに円を描き汚れや皮脂を吸着していきます。

ちなみに皮脂が少なく皮膚が薄い、目元や口元は洗顔料(泡)を乗せるだけで十分です。

20回以上のすすぎ

洗顔後はぬるま湯で洗顔料をすすいでいきます。目安としては20回以上、特にもみあげやこめかみ、髪の毛の生え際などは洗い残しが多い部分でもあるので注意が必要です。

この時もガシガシ擦るのはダメ、シャワーも水圧で皮脂が流れるので良くありません。風呂桶に溜めたぬるま湯を使って優しく洗浄成分を流しましょう。

洗顔後は清潔なタオルで拭き取り、すぐに化粧水、乳液、クリームなどで保湿を行っていきます。特にメンズ肌は乾燥しがち、入浴後や洗顔後は秒単位で水分が蒸発してしまいます。洗顔後3分以内に保湿してください。

参考⇒正しい洗顔方法とは?王道洗顔

毛穴ごっそり?洗顔ブラシの効果とは?

最近は洗顔時に専用のブラシを使っている人がいます。ブラシと聞くと肌を痛めダメージを与えてしまいそうですが、毛質は熊野筆など細く柔らかい毛質です。男性(メンズ)の硬い角質も優しく掻きだしてくれます。

素手で洗う時よりも洗顔料が少なく済むのと、小鼻の横など洗いにくいところまでムラなく洗顔できるのが魅力です。毛穴の奥までブラシの毛先が届くので洗顔を続けると黒ずみやくすみがスッキリします。

筆タイプと電動タイプがあり、電動タイプにはタッピングマッサージができるものもあります。

注意点としては気持ちいからといって長時間の洗いすぎは気をつけましょう。使う日も最初は週に1回ほどがおすすめです。基本は泡洗顔が良いでしょう。


参考⇒男性の毛穴汚れ対策とは?

気をつけたい生活習慣

日常生活の中で知らず知らずのうちに肌に悪いことをしていませんか?男性(メンズ)だからと言って下記の行為はおススメしません。肌に嬉しい生活習慣に変えていきましょう。

紫外線をまったく気にしない

若年層は意識が変わってきていますが、高年齢層の男性の中には紫外線対策を全く行わないという人もいるようです。最近ではドラッグストアなどでもメンズ用のUVケア商品を購入できるので活用していきましょう。

太陽光を直接浴び続けるとシミやシワ、たるみなど老化や老け顔の原因になります。野外の仕事が多い人、遊びでプールや山、海などに出かける場合などこまめに日焼け止めクリームなどで対策をしましょう。

紫外線が原因で起こる肌トラブルは怖い?

顎や頬を触る癖がある

考える時に顎や頬に手を当ててしまう、デスクワークで立て肘で頬杖をつくなどの癖がないですか?手で触る圧力は大人ニキビ、角質が硬くなる、黒ずむなど肌トラブルの原因になります。顎にニキビができやすい人などは触るのが習慣化してないかチェックしましょう。こういう行動をしているとメンズ洗顔料でキレイにしていても肌トラブルが出てしまいます。

また、飲食店や居酒屋で出される温かいおしぼりで顔を拭うなども当然よくない行為です。メンズ肌でも肌表面は非常にデリケートなので大切に…

睡眠不足

睡眠不足は美容面でマイナスポイントです。肌表面の修復や新陳代謝に関係のある成長ホルモンは深い眠り(ノンレム睡眠)の時に多く分泌されます。夜更かしはターンオーバーの乱れに繋がるのでなるべく避けましょう。

また、夜遅くまで起きると夜食が食べたくなるなど太る原因になるなどデメリットの方が多いです。

肌と睡眠の関係とは?寝ると肌はキレイになる?